浮気やすれ違いで夫婦修復が困難だと感じた時の「国際離婚」

 

文化の違いや考え方のズレ、または浮気といったことが原因となり、夫婦修復が困難だと感じて国際離婚を決断した方。

離婚ではまず、夫婦の本国法が同一であれば、その法律に従って手続きを進めていきます。

不同の場合は、夫婦での常居地法が同一であるならその法律に従いますが、どちらも該当しない場合は、夫婦に最も密接な関係にある地の法律に則って手続きを行います。日本の法律によって離婚手続きを進められるのは、夫婦のどちらかが日本に常居所を持つ場合です。

 

国際離婚は日本での協議離婚が成り立つのか、日本の裁判所で調停や裁判ができるのかなど考えることが多いため、一人で悩まずご相談ください。

海外と日本とでは制度が異なる部分が多く、一人で解決するというのは容易なことではありません。時間がかかることに加え、金銭的・精神的にも大きな負担となってしまいます。

 

離婚を考えている方で一緒に日本に住んでいない場合(奥さん・旦那さんが海外にいる場合)、もしくはご夫婦で海外に住んでいて、離婚に向けての話し合いが難しい場合などは弁護士など専門家の意見が必要です。専門家のご紹介や国際結婚で海外に住まれている方に向けてのアドバイスも可能です。