国際結婚の手続きは、双方の国の法律に則って進めなくてはいけません。

 

● 外国籍パートナーと日本で結婚手続きをする 日本で結婚の手続きを行う場合は、日本の区役所とパートナーの国(在日大使館・領事館)へ届け出をします。

この時、先にどこへ提出するかで必要書類が異なり、国によっては日本での手続きを先に行わなければならない決まりもあるため必ず事前に確認しましょう。

日本の区役所で先に手続きを行う場合は、婚姻届と日本人の戸籍謄本、外国籍パートナーの結婚要件具備証明書(日本語訳も一緒に)が必要です。

また、パートナーの国(在日大使館・領事館)で先に手続きをする場合、そこから指定される手続きを経て3ヵ月以内に発行された婚姻証明書(日本語訳も一緒に)を日本の役所へ提出します。

 

 

● 外国籍パートナーと海外で結婚手続きをする 海外にて外国籍パートナーと結婚手続きをする場合は、その国の公的機関が指定する手続きが必要です。

その際、日本の役所が発行した婚姻要件具備証明書とパスポートなど、その国が必要とする公的書類を提出します。

婚姻が無事に成立しましたら3ヵ月以内に婚姻証明書と日本の婚姻届を在外日本大使館か領事館に提出するか、自分たちで日本の本籍地に郵送してください。