悩み相談を友達に話す時とアドバイザーに話す時の違いとは?

結婚生活における悩み相談。友達や身近な人に話すのと、プロのアドバイザーに話すのとでは、気持ちにどんな違いがあるのでしょうか。

 

「友達に悩み相談をするのは“聞いて欲しいから」

親しい間柄の人物なら、相談者の味方として話に耳を傾けてくれます。親身になって聞いてくれる姿勢が相談者の心を和ませ、「話して良かったな」と実感するはずです。話をただ聞いて欲しい時にお願いしてみると、話すことで心が軽くなることもあります。

 

「アドバイザーに悩み相談をするのは“助けが必要だから」

プロのアドバイザーに悩み相談をすると決めた時は、相談者は具体策を欲しいと願っている証です。これからどうすべきか、どういった道があるのかを知るための情報収集と言えます。アドバイザーは様々な視点から考えた最善策を提案いたしますので、辛いと思った時はご相談ください。

 

どんな時にカウンセリングが必要なの?

当てはまる方はカウンセラーに相談をおススメします。

カウンセラーによるカウンセリングが必要になる時とは、どのようなものがあるか考えてみました。

 

「行き詰まった時」

一人で考え、悩み、行動した結果、自分の望むような結果にならなかった時は、カウンセラーによるカウンセリングが必要です。カウンセリングによって、今までとは違った視点から物事を考えるきっかけができると、きっと新しい道が開けてきます。

 

「前進したい時」

前へ進みたいと思う時こそ、カウンセリングは有効です。今より前へ進みたいと思っている時は、背中を押されるきっかけを待っている時でもあります。カウンセラーは、皆様の悩み解決のために全力でサポートいたしますので、迷わず前進できるようになる“きっかけ”になれば幸いです。