ご挨拶

 

国際結婚・離婚、国際恋愛カウンセラーの、ウォルデン京子です。

 

私は、恋愛・結婚生活問題は、「スピード解決」が必要と考えます。

トラブルを長い間、放置し解決しないまま生活を続ける結果的に離婚に至ったり ストレスを抱えたまま、結婚生活を送り続け「こんなはずじゃなかった」と後悔する 事になります。

早めの対応、対策、改善することが重要です。 「人生長いようで、短いものです!」 お急ぎください。

 

「辛いとき、信頼できる人に話を聞いてもらいたい」

「解決方法をアドバイスしてもらいたい」

心の支えとなる信頼おけるアドバイザーが必要になります。

辛い経験をしている私だからこそ、あなたが抱える悩みをアドバイス・サポート解決 します。


私自身の体験をお話します

 

2000年にアメリカ人男性と結婚し、サンシャイン・ ステイト・フロリダ州で夢見た生活をスタートさせましたが、2008年夏に離婚しました。

結婚後、無我夢中で結婚生活を送りましたが、生活習慣・価値観の違いからストレスを抱えていたときに、相手からのモラハラにより傷つき、結婚生活がうまくいかず別居を経て 離婚に至りました。その時になって初めて知ることがあまりに多く戸惑うばかり。「えっ 日本とアメリカでは、離婚による法律が全く違うんだ!」と驚きました。 離婚時二人には、息子がおり、親権の違いが大きな問題となったのです。

現地の法律を知らなかった無知なわたしは、一から法律の勉強をスタートさせ 毎日、情報収集および英語力アップに必死でした。 「誰も相談する人もいなく、たいした英語力が無い」私がなんと自分の力でアメリカ人 弁護士をリサーチ・面接をおこない「この人なら私に協力してくれる!」と直感した 女性弁護士を選び、数年かけ法律的に解決しました。 決断が遅れていたら、解決にあと2-3年かかり長い間子供との安定した生活が出来ないまま、前に進めませんでした。

弁護士との作業は、あくまでも感情は優先されず、本人の意向より法律に基づいて 解決されるのみです。

「信頼できる人に話を聞いてもらいたい」 「解決方法をアドバイスしてもらいたい」と切に願う毎日でした。


プロフィール・資格・実績

 

▶プロフィール

専門学校卒業後、医療機関に専門職として20年間医療現場に携わる。数多くの悩みを抱えた方をサポートしながら現場を経験。 2000年、アメリカ人との結婚を機にアメリカに移住。日本文化である生け花を現地の方々と交流しながら日本文化を広める活動を行う。2008年離婚。

この経験がきっかけで、国際結婚の難しさ、別居・離婚に至ってしまった場合には、それぞれの人たちの背景により問題解決が複雑な上に時間がかかり、精神的ストレスは計り知れない。長期にわたりサポート支援する場所が必要であると考えるようになる。 その後、心理学、コーチングを学び恋愛結婚生活相談を開始。資格だけでなく、自己体験を生かした精神面のサポートをモットーとしている。 今後は問題相談だけではなく「成功する結婚」をテーマに多くの人に幸せになってもらいたいと意欲的に活動中。       

 

▶資格

看護師

WWFA認定コーチング・ベーシック

JAPD夫婦カウンセラー