国際結婚・離婚専門カウンセラー、ウォルデン京子のホームページをご覧いただきありがとうございます

(当サイトは女性の方を対象とした国際結婚・国際離婚の相談を専門に承っております)

国際結婚・生活・離婚のお悩みを解決します。

「結婚生活に悩んいる」「離婚を考えている」解決方法が見つからず一人で悩んでいるあなたをカウンセリング・コンサルティングにて「こじらせない」解決方法へと一歩ずつ導きます。ネイティブ・アメリカ人カウンセラー(弁護士)と共に明るい未来を完全にサポートしますのでご安心ください。必要に応じ夫婦間に介入した解決も可能です。夫婦や恋人をはじめとする愛情関係のすべては、気分を明るくして視野を広げるシンプルな方法で改善できると私たちは信じています。 


news / blog

国際結婚・離婚専門カウンセラー ウォルデン京子のblogへようこそ

日本経済新聞「愛は観光ではない」コロナ下、苦悩の国際カップル 取材記事内容の思い
>> 続きを読む

お知らせ・相談実例のご紹介


ゼロから始める国際結婚生活 第1回「お金の価値観」の違い
こんにちは!   国際結婚・離婚専門カウンセラーのウォルデン京子のブログでは、外国人との恋愛・国際結婚でお悩みの方が問題解決をして前に進める様に相談内容、解決するためのヒントを紹介しているブログです。   ゼロから始める国際結婚生活の第一回では、「金銭感覚の違い」というテーマでお話しします。   国際結婚生活をスタートさせるための大切な基礎部分です。   大好きで国際結婚をしたのに、いざ生活をスタートしてみると相手の金銭感覚を知らなかった!浪費家で驚いた!稼ぐ能力が低く生活費不足でカツカツ!極端な倹約家で細かく管理される!   この様な問題で「喧嘩が絶えない、どうしたらいいの?」と質問を受けます。 育った環境、国により金銭感覚はまちまち。アジア諸国出身のパートナーなら家族に毎月仕送りが必要だったり、両親に、こずかいを渡していたりします。国際結婚の多くの場合、相手国に移住し日本に帰国する、あるいは日本に住んでいるパートナーが母国に帰ったりするなど高額な費用が必要になります。   支出が増える分いかに夫婦で話し合い無駄な支出を減らし家計管理をするかがポイントとなります。   夫婦仲が悪いと「感情論」で物事を考えてしまうため「お金を大切に扱う、増やす」ことに協力してもらうどころか、「ケチくさい」「コントロールされる!」と勘違いされ喧嘩になり関係がギクシャクしてしまいます。   パートナーといかに、より良い関係を築きお金の価値観をすり合わせる努力が必要になります。 二人でライフプランを楽しく話し合うのも効果的です。   結婚後マイホーム購入を考えることがあると思いますが、資産価値・管理の考え方も国により大きく異なります。 高額支出1位「家」のため金銭感覚が鈍り感情的にならないようコントロールが必要です。   ポイント ストレスのない家計管理をすることにより将来的に幸せな結婚生活を送ることができる 反対にいえば金銭感覚のズレを放置するとギクシャクした結婚生活を送る可能性があるので危険   最後までブログを読んでいただきありがとうございました。 皆様の国際結婚が幸せに送れるよう願っています。    
>> 続きを読む

実はみんなやっている・国際結婚生活幸せになりたくない人がしている行動5つ
こんにちは!   国際結婚・離婚専門カウンセラーのウォルデン京子のブログでは、外国人との恋愛・国際結婚でお悩みの方が問題解決をして前に進める様に相談内容、解決するためのヒントを紹介しているブログです。   確実に結婚生活が遠ざかる方法   1:夫婦円満になりたいと思いながら実際にはパートナーのアラ捜しをしている。 表面的には幸せ生活を送りたいと言いながら、相手の小さな癖、価値観の違いを批判する。   小さな癖、習慣を気にして子供を叱るように指摘! 母親に変貌し愚痴っぽくなったら関係は急速に悪化間違いなし!   2:感情のコントロールができない。 どんな出来事に於いてもネガティブ思考の持ち主だと、思い込みが強く被害妄想的で、イライラ、怒りをパートナーにぶつける。   徐々に一緒にいることに疲れ、お互いに距離をとること間違いなし!   3:変化・ストレスに極端に弱い。 些細なことで大げさに反応しパートナーに八つ当たりする。   理不尽な八つ当たりは自己中心の証拠!   4:感謝をしない。 感謝を忘れず言葉で伝えれば、愛情に満ちた幸せ生活を送れること間違いなし。   言葉に出し表現しなければ伝わらなくて当たり前!   5:夫婦問題の相談相手を間違える。 夫婦の問題をパートナーの親、兄弟に相談する。いかに自分の正当性やパートナーの間違いを指摘をしたところで、自分の子供や兄弟の悪口を言われたら心穏やかではありません。解決に向かうどころか確実に関係は悪化していきます。   まとめ 国際結婚は多くの価値観の違いが生じるためストレスを抱えやすいですが、相手が変わらなきゃ!ではなく問題解決には何ができるかを考えると志向がポジティブになり心穏やかに過ごせるようになります。   少しでも問題を解決し、あなたが望む未来に進めるよう願っています。 最後までブログを読んでいただきありがとうございました。          
>> 続きを読む

文化の違いで衝突!郷に入っては郷に従う?
相談内容 Q文化の違いによる衝突が起こった時の解決法、どのようにして納得してもらったらいいの?   相談法:電話によるカウンセリング   Aさんはアメリカ人男性(フィアンセ)と交際中で日本で同棲しています。将来的には結婚し相手国アメリカに移住予定。   文化の違いで衝突し喧嘩が度々勃発。日本に住んでいるんだから、この国の風習、習慣で生活するのが当たり前!し かしパートナーからしたら変わった習慣が理解できない。   友達から結婚式の招待を受けたAさん、もちろん招待されたのはAさんなので一人で出席する予定だったがパートナーからこんな一言。   「アメリカはパートナーを連れていくのは当たり前、どうして日本は一人で結婚式に行くの?」と理解してもらえず永遠に議論が続きイライラ、 不満、喧嘩・・・どうしていいか?円満な解決法を教えてください。   A日本ではゲストのみが結婚式に参加しますが、欧米では、かしこまったルールが無く事前の連絡で気楽にパートナー、家族もゲストと共に参加可能です。実際カップル、パートナー二人で参加することが当たり前になっています。彼を説得することは不可能、このまま一人で結婚式に参加してしまえば二人に大きな溝ができてしまいますよね。どちらの文化、習慣が正しい、「郷に入っては郷に従え」では解決できません。   今後結婚を考えているのであれば、二人にとってベストな方法を考えるこが大切です。多くのしがらみや、ルール第一優先で周囲を気にすると必ず二人の関係がギクシャクしてきます。お互いの価値観を理解した上で自分たち、二人の軸を持つことにより愛情、感謝が生まれ関係が良好になっていきます。   アドバイス   二次会も予定されているとのことなので、結婚式メインの参加をお断りをして二人で二次会パーティーに参加しフィアンセと一緒にお祝いしてあげたらいかがでしょうか?仲の良い友達ならきっと二人の気持ちを理解してくれると思います。   まとめ   Aさんは、フィアンセに理解してもらい結婚式に参加することしか考えられませんでしたがカウンセリング後、柔軟な考えに変わり大切な事に気がつかれた様子でした。国際結婚トラブルで最も多い文化、習慣の違いをいかに解決するかが国際結婚を成功させるポイントになります。   皆様の幸せを願っています。どんな問題も心の整理をして優しい気持ちがあれば解決できると信じています。          
>> 続きを読む


ご挨拶

悩みを抱える皆さんに私自身の体験をご紹介しています。同じ苦しみを乗り越えてきたからこそ、私は一人でも多くの方に笑顔になっていただきたいと願っています。

サービス概要

みなさまのお力になりたい。

その気持ちからスタートしたカウンセリング。

カウンセリングを受けていただく前に必ずお読みください。

カウンセリング

カウンセリングを受けたいけど、どうしたらいいの?料金が心配。などいろいろとお悩みの方も多いはずです。まずは無料相談はいかがでしょうか。

詳しくはこちらをご覧ください。


お役立ちコラム


カウンセラーを必要とする場面はどこか
友人とカウンセラーの違い
プリマリタリカウンセリングをしてみる
プリマリタリカウンセリングとは
現実との違いが悩みの一因に
理想と現実とのギャップ
我慢ばかりでうつになってしまうことに
我慢の限界、病気を併発
国際結婚の子育て方針の違い
子育ての悩み
すれ違い・浮気で国際離婚を決断
国際離婚の決断
国際結婚の手続きは
国際結婚の手続きはどこでする?
関係修復は話すタイミングが大切
話すタイミング